最初に慢性の頭痛だと自覚したのは中学校の頃です。学習障害があるため(これは大人になって診断されたので当時はわかりませんでした)、授業についていけず、板書をしても理解ができません。

でも授業は待ってくれません。そこから頭痛は始まったように思います。

アトピーも持っていたので、主治医に頭痛のことを相談しても「思春期だからね」の一言で終わりました。確かに中学生ですと思春期。そういうものかと自分に言い聞かせ、薬のアレルギーが怖いため市販薬も飲まずに頭痛といました。365日起きている間ずっと痛いのです。目が覚めた瞬間の第一声が「頭痛い」という日も数えきれません。

大人になり、学習障害などがわかったのちも主治医には頭痛のことを相談していましたが、「処方薬で頭痛はよくなるはずだから」と言われ続けました。確かに調べると頭痛にも効果があると書いてあります。
そのまま飲んでいましたが、結局治りません。

仕事中に一度倒れかけたこともありました。当時は介護職で、夕食後の歯磨き介助・着替え介助にあたふたしていたのもあってか、急なめまいに襲われたのです。ですが、居室にいたのは二人とも車いすの女性利用者さん。片方の方には孫のように可愛がっていただいていたので、その方の前で倒れるわけにいかないととっさに思い、踏ん張りました。帰宅後、お風呂にも入らずろくに着替えもせずに布団に入ってしまったのです。

ロキソニンを処方してもらったときはあります。飲んだ後3時間以上たってから効きはじめるのですが、効果はすぐに切れてしまいました。飲んではいけないとわかりつつ、「毎日飲んでいるわけではない」ということで週に一度くらいのペースでロキソニンを6錠も飲んだことがありますが、頭痛が治ったことはありません。

今は違う鎮痛剤が出ていますが、同じように効かないため、諦めました。

頭痛がつらいときは仕事を休む、休んでもいいけれど月に3回以下と自分で決めて頭痛と暮らしています。今でも頭痛はしています。

ほかの方はどう思われるかわかりませんが私は「心臓が動くのと同じように頭痛がする」状態なので「そういうものだ」と頭痛を治すのではなく、うまく付き合うことに決めました。

できるだけ薬などを使わずに食事、運動、生活習慣、漢方、サプリメントなどで治したいと思います。

最近は、ナツシロギクが片頭痛に効果があるということが医学的にも証明されてきているようなので、ナツシロギクが含まれている片頭痛サプリメントを飲むようにしています。

薬と違って効果はすぐには出ないけど、体質を改善したり抵抗力・免疫力を上げるという根本的な治療法なので、時間をかければ必ず良くなると信じています。