0

マイホーム建設で最もプレッシャーだったのは?

マイホームを建てると決めるのはわりと気軽にしましたけれど、しかし「マイホームのお金」となると一気に気持ちが引き締まる感じですね。
とくに住宅ローンの審査の時なんて、やっぱりやきもきしましたもん。

住宅ローンを借りる銀行の銀行員の方とある程度話はしていますし、無理目な金額での住宅ローンではありませんから、ほぼ10割方住宅ローンの審査は通るとは思っていいとは言われましたが、けれどもやっぱり落ち着かないところはあるわけです。

そして住宅ローンの審査が通ってホッとしたところはありますからね。

やっぱり「住宅ローンの審査が通りました」と報告を受けた時には「よっしゃー!」と素直に思いましたから。

そして、マイホームが完成して、住宅ローンにて借りたお金を建設会社に支払う時も、そりゃあもうドッキドキでしたね。

建設費用は銀行振込とはいえ、一回お金を引き出してそして振込先の銀行口座に入れるのですから。

ですから何千万円というお金を一時的にでも見ているのですよ。

家を建てることを決心した時なんかよりも、生の現金を見た時の方がなんだかもう心臓がギューンとなったのを覚えています。

大金のプレッシャーには弱いものです。

でも、マイホーム建設にあたり、人生においてもとても貴重な経験をしたと思っています。

これからは30年かけて少しずつ住宅ローンを返済していかなければならないから、自分の城が持てた反面、返済のプレッシャーも半端ないですわ。

もし余裕があるなら、安い中古マンションとか戸建を一括支払いで買って、住宅ローンの返済のプレッシャーを感じない人生を送りたいとも思いますね。

僕もそうですけど、多くの人がお金に対するプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、日々仕事に行っているという悲しい現実がありますよね(泣)

0

同居より二世帯住宅!

最近二世帯住宅に力を入れているハウスメーカーが多くて、住宅展示場でも二世帯住宅のモデルハウスが増えています。

そこで、今回は二世帯住宅に実際に住んでいるユーザー様の感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。

義父が長年の闘病生活に終止符をうち、旅立ちました。

義父の入院中、義母は住み慣れた家で一人暮らしを続行しておりましたが、心に区切りがついたのでしょう。
「一緒に暮らしたい」と言い出したのです。

【二世帯住宅を選択!その理由はライフスタイルを壊さない為】
私達の住んでいる家と、義母の暮らしている家は車で2時間以上かかる遠いところ。
義母の暮らしている地域は、のんびり暮らすにはいいのですが子どもたちはこれから先、入学・就職などを控えております。
義母の家で生活をしていくにはとても…といった場所でした。

とはいえ、今まで私達が暮らしてきた家で夫・私・子ども3人+義母が生活するとなると今の家では明らかに手狭です。

それに、長年積み重ねてきた生活スタイルも違います。
うまくやっていくにはどうしたらいいのか…と考え、我が家は二世帯住宅を選択しました。
二世帯住宅を建てると決めてからは情報収集をしましたが、この二世帯住宅のホームページが役立ちました。

【どこまで分ける?生活場所】
我が家は台所・トイレ・玄関を別々にしました。
しかし、私の強い要望でお風呂だけは一緒にしました。

老人の風呂の事故死をニュースでよく耳にしており二世帯住宅でありながら、義母の体調不良に気がつけず最悪の事態に…ということは避けたかったためです。
(もちろん、これはオブラートに包んで話しました)

【二世帯住宅のメリット・デメリット】
二世帯住宅にして思ったことは、良くも悪くも義母がすぐ近くにいることでしょうか。

良かったことは、子どもの1人が熱を出してしまったとき。
日中はあとの2人を祖母宅で遊んでもらい、食事と寝るときだけこちらの方で過ごす という事もできました。

また、急に私だけが実家に戻る用事ができたとき子どもたちを祖母に預けることができました。
おかげさまで、子どもたちは義母との思い出が多いようです。

悪かったこと…といえば突然の義母の来訪でしょうか。
なんでも後回しにしてしまいがちなのんびりした性格の私に対して
しゃきしゃきした働き者の義母。
これが同居だったら、あれやこれやと口を出されていたと思います。

0

頭痛と付き合ってもう15年以上。何とかしたいけれど・・・・

最初に慢性の頭痛だと自覚したのは中学校の頃です。学習障害があるため(これは大人になって診断されたので当時はわかりませんでした)、授業についていけず、板書をしても理解ができません。

でも授業は待ってくれません。そこから頭痛は始まったように思います。

アトピーも持っていたので、主治医に頭痛のことを相談しても「思春期だからね」の一言で終わりました。確かに中学生ですと思春期。そういうものかと自分に言い聞かせ、薬のアレルギーが怖いため市販薬も飲まずに頭痛といました。365日起きている間ずっと痛いのです。目が覚めた瞬間の第一声が「頭痛い」という日も数えきれません。

大人になり、学習障害などがわかったのちも主治医には頭痛のことを相談していましたが、「処方薬で頭痛はよくなるはずだから」と言われ続けました。確かに調べると頭痛にも効果があると書いてあります。
そのまま飲んでいましたが、結局治りません。

仕事中に一度倒れかけたこともありました。当時は介護職で、夕食後の歯磨き介助・着替え介助にあたふたしていたのもあってか、急なめまいに襲われたのです。ですが、居室にいたのは二人とも車いすの女性利用者さん。片方の方には孫のように可愛がっていただいていたので、その方の前で倒れるわけにいかないととっさに思い、踏ん張りました。帰宅後、お風呂にも入らずろくに着替えもせずに布団に入ってしまったのです。

ロキソニンを処方してもらったときはあります。飲んだ後3時間以上たってから効きはじめるのですが、効果はすぐに切れてしまいました。飲んではいけないとわかりつつ、「毎日飲んでいるわけではない」ということで週に一度くらいのペースでロキソニンを6錠も飲んだことがありますが、頭痛が治ったことはありません。

今は違う鎮痛剤が出ていますが、同じように効かないため、諦めました。

頭痛がつらいときは仕事を休む、休んでもいいけれど月に3回以下と自分で決めて頭痛と暮らしています。今でも頭痛はしています。

ほかの方はどう思われるかわかりませんが私は「心臓が動くのと同じように頭痛がする」状態なので「そういうものだ」と頭痛を治すのではなく、うまく付き合うことに決めました。

できるだけ薬などを使わずに食事、運動、生活習慣、漢方、サプリメントなどで治したいと思います。

最近は、ナツシロギクが片頭痛に効果があるということが医学的にも証明されてきているようなので、ナツシロギクが含まれている片頭痛サプリメントを飲むようにしています。

薬と違って効果はすぐには出ないけど、体質を改善したり抵抗力・免疫力を上げるという根本的な治療法なので、時間をかければ必ず良くなると信じています。

0

京都五条住宅展示場 |KTVハウジング

京都五条住宅展示場は、京都市内にある交通の便の良い場所にある住宅展示場です。

国道9号線沿いにあるので、車で走っているとすぐに分かります。向かい側がちょうど京都市立病院ですので、大通り沿いで目印も多いし分かりやすいですね。

税金、ライフプラン、資金相談などの相談会・セミナーがほとんど毎週土日に行われています。参加が無料なので、興味のある人は積極的に参加してみましょう。

当日飛び入りでも参加できますが、事前に予約している人が優先なので予定が立てられる人は、事前に予約することをお勧めします。

来場者プレゼントもあるし、スタンプラリーなどの子供が喜ぶイベントもよく行われています。

【所在地】

〒600-8899

京都府京都市下京区西七条赤社町20

【電話番号】

075-314-7587

【営業時間】

10:00~18:00

【その他】

駐車場完備

【出展ハウスメーカーと商品名】

三井ホーム「Twin Family トロワ」

積水ハウス「BIENA〈ビエナ〉」

日本ハウスHD「欧の館」

積水ハウス シャーウッド「ザ・グラヴィス」

京都パナホーム「カサート・テラ」

住友林業「My Forest GS」

三井ホーム「ザ・マナア(不朽の邸宅)」

ミサワホーム近畿「センチュリー蔵のある家」

住友不動産「PREMIUM・J KYOTO」

旭化成ホームズ「天空こども城」

一条工務店「一条の洋館セゾン」

ヤマダ・エスバイエルホーム「こもれび」

大和ハウス工業「xevo E」

セキスイハイム近畿「ドマーニJX」